【図解】iDeCoの配分変更とスイッチングの違い。リバランスはどのタイミングで行うの?

リバランスのイメージ

こんにちは。FP2級サラリーマンのうちたけ(@uchitake_enjoy)です。

iDeCo(イデコ)を運用していると、ある投資信託の成績が悪くなってしまい他の投資信託に変えたいなあという時がありますよね。

うちたけ

うちたけ

そういった場合は配分変更やスイッチングをすることで購入する投資信託を変更することができます。

配分変更とスイッチングって似ているようで、違います。

配分変更とスイッチングの違い

配分変更は、購入する運用商品の比率の内訳を変更すること

スイッチングは、今まで購入してきた運用商品を一部、もしくは全部売却してあらたな運用商品を購入すること

です。

うちたけ

うちたけ

少し分かりにくいと思いますので、なるべく簡易的に説明していきたいと思います。

また、どんな時に配分変更やスイッチングを行うのか?ということも併せてご説明したいと思います。

基本的には配分変更やスイッチングは頻繁に行うものではなく、また成績が悪い時に限って行うものではありません。

iDeCo(イデコ)の配分変更とは?

今まで投資信託4つを、均等に買い付けていたとします。

うちたけ

うちたけ

投資信託Aを25%、投資信託Bを25%、投資信託Cを25%、投資信託Dを25%という具合です。

投資信託Aの購入を少し控えて、投資信託Bの購入を増やそうとします。毎月の購入割合をそれぞれ10%、40%に変更するという具合です。

配分変更のイメージ
配分変更のイメージ

これが、配分変更です。簡単ですね。見たまんまです。ただし、過去に買い付けていた投資信託はそのままです。

うちたけ

うちたけ

あくまでも、新たに買い付ける投資信託の配分が変わったということになります。

イデコの配分変更、簡易的なシミュレーション

投資信託の価格は当然ながら変動しますが、1口あたりの購入代金が違うとややこしいので単純化して考えます。投資信託A~Dの1口当たりの価格が5,000円だとして考えます。

配分変更前の購入口数(1年間)

配分変更前の過去12か月間、掛金2万円/月で、投資信託A~Dを25%(5,000円分)ずつ購入したとします。つまり、毎月1口ずつ、投資信託A~Dを購入したことになります。

うちたけ

うちたけ

その場合、12カ月間で購入した投資信託はそれぞれ12口です。

配分変更前の投資信託保有口数

投資信託A・・・12口(1口×12か月)
投資信託B・・・12口(1口×12か月)
投資信託C・・・12口(1口×12か月)
投資信託D・・・12口(1口×12か月)

配分変更後の購入口数(1年間)

配分変更後は、投資信託Aを10%(2,000円分)、投資信託Bを40%(8,000円分)、投資信託Cを25%(5,000円分)、投資信託Dを25%(5,000円分)購入することになります。1カ月あたり購入できる口数は、それぞれ0.4口、1.6口、1口、1口です。

うちたけ

うちたけ

仮に12か月同じ比率で購入した場合、配分変更後の口数は以下のようになります。

配分変更後の投資信託保有(購入)口数

投資信託A・・・4.8口(0.4口×12か月)
投資信託B・・・19.2口(1.6口×12か月)
投資信託C・・・12口(1口×12か月)
投資信託D・・・12口(1口×12か月)

配分変更前後の合計購入口数

配分変更前と配分変更後の投資信託の口数合計は、

口数合計(12か月+12か月=24カ月分)

投資信託A・・・12口+4.8口=16.8口
投資信託B・・・12口+19.2口=31.2口
投資信託C・・・12口+12口=24口
投資信託D・・・12口+12口=24口

となります。何を当たり前のことを・・。と思われるかもしれませんが、一応スイッチングの違いを明確にするためにご説明させていただきました。

うちたけ

うちたけ

ポイントは、配分変更前の投資信託の口数はそのまま、ということです。

iDeCo(イデコ)のスイッチングとは?

スイッチングとは、それまで買い付けてきた投資信託を一部もしくは全部売却して、売却して得た現金であらたな投資信託を購入することです。

イデコのスイッチング、簡易的なシミュレーション

配分変更でシミュレーションした時と同じように、投資信託A~Dを25%ずつ、均等に12か月間買い付けたとします。条件は同じで掛金2万円/月、1口あたりの価格はそれぞれ5,000円とします。

同じように、スイッチング前の購入口数から考えていきます。

スイッチング前の購入口数(1年間)

うちたけ

うちたけ

過去12か月間で買い付けた投資信託は以下の通りです。

スイッチング前の投資信託口数

投資信託A・・・12口(5,000円/口×12口=60,000円)
投資信託B・・・12口(5,000円/口×12口=60,000円)
投資信託C・・・12口(5,000円/口×12口=60,000円)
投資信託D・・・12口(5,000円/口×12口=60,000円)

ある投資信託を売却、現金化して新たな投資信託を購入する

ここでは投資信託Cを売却して、投資信託Eを購入したとします。

ちょっと変化を分かりやすくするために、投資信託Eの購入価格は1口当たり10,000円だったとします。

投資信託Cを全部売却した場合、12口×5,000円=60,000円が現金化されます。

うちたけ

うちたけ

この現金で新たに投資信託Eを購入します

投資信託Eの1口当たりの価格は10,000円なので、購入できる口数は60,000円÷10,000円/口=6口となります。

つまり、スイッチングをした場合、

スイッチング後の投資信託口数の変化

投資信託A・・・12口
投資信託B・・・12口
投資信託C・・・0口(12口
投資信託D・・・12口
投資信託E・・・6口(6口

と変化します。これがスイッチングです。

スイッチングのイメージ【図解】

スイッチング口数変化のイメージ
スイッチング口数変化のイメージ

スイッチング後は、新たに選択した投資信託Eを毎月5,000円ずつ購入するので、0.5口ずつ増えていくことになります。

リバランスを行うタイミングは?

うちたけ

うちたけ

基本的には頻繁に行うものではないと思います。

市況が悪くなったからといって頻繁にポートフォリオをいじってしまう方がさらに悪化する可能性もあります。

ただし、どうしても投資信託を変更したい理由がある時や、配分のバランスを元に戻す(リバランスといいます)といったときには有効です。

目的をもったリバランスは有効

特に、目的をもったリバランスは有効だといわれています。

ポートフォリオの組み方は以下で詳しく解説したので併せてご覧いただきたいのですが、

ポートフォリオの組み方で参考になるのが

100ー自分の年齢=株式比率

というものです。現在30歳なのであれば、100-30=70%程度の「株式」割合をポートフォリオの中に組み込み、残りの30%を「債券」に割り振るということです。

うちたけ

うちたけ

この割合を生真面目に守る必要はありませんが、目安として有効です。

このバランスで運用する方針を立てたとします。株式が好調で値が上がり、全体のポートフォリオの構成が株式:債券割合が8:2になったと想定します。

当初のポートフォリオ構成の方針通りに戻そうとする時に、株式型投資信託を一部売って、債券型投資信託を買って「リバランス」することができます。これがスイッチングです。

リバランスのイメージ
リバランスのイメージ

スイッチングは頻繁に行うものではありませんが、1年に1回程度は(変更する変更しないは別にて)チェックをするのが大事だとは言われています。

iDeCo(イデコ)でスイッチングする時の注意点

スイッチング自体に手数料はかかりません。ただし、全てのファンドではありませんが、投資信託の売却時コストがかかる商品があるので注意が必要です。

うちたけ

うちたけ

私は一度スイッチングをした際に、証券会社に手数料がかかるかどうか確認してスイッチングを行いました。

いずれにしても頻繁に行うものではないので、配分変更とスイッチングの違いってなんだっけ?となってしまいがちですが、それぞれの特徴を理解しつつ、運用を続けていけるといいですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です